スペイン日記

スペイン日記#03



 

スペインの田舎の観光地

スペインにはよく行きますが、バルセロナには行ったことがありません。
いつも行くのは、アンダルシアの田舎の方です。スペインにも地元の人達が行く観光地があり、アジア系の人はみたことがない所があります。
それは、アラセナという街です。セビリアから車で1時間ほどの町ですが、ここの街には全長2kmといわれる鍾乳洞の洞窟。
そして、イベリコ豚博物館があります。入場料は、両方とも10ユーロほど。
イベリコ豚博物館の最後には生ハムも食べさせてくれるというから、太っ腹です!

この街の名物料理は“イベリコ豚料理”ではなく、“キノコ料理”です。この街に行くまでに色々な森があるのですが、そこにキノコ狩りに行って取ってくるのです。

レストランで食べていると、キノコを取ってきた人たちがレストランに来て売っていました。そのキノコを見ていると親切なおじさんがくれて、ホテルに帰って調理してもらったのですがとてもおいしかったです。
僕たちも、キノコ狩りにいったのですが、よくわからなくて毒キノコもあるから気を付けてといわれました。田舎の町ならではの体験でした。






 

一覧に戻る